記事一覧ページ

記事一覧

2021年9月号

コロナで深刻化、がんや心血管疾患を招く『座りすぎ』

「このごろ、座っている時間が長いなあ……」。そう感じることはありませんか?コロナ禍で外出もままならず、仕事もリ… 続きを読む
2021年9月号

目の症状がなくても楽観は禁物『糖尿病網膜症』

糖尿病網膜症は糖尿病の3大合併症の1つです。かなり進行するまで自覚症状が現れないことが多く、視覚障害の原因疾患… 続きを読む
2021年9月号

歩行を失うのは、ささいな異変から 『足病変』

聞き慣れない言葉ですが、足病変とは足に起 こるトラブルの総称です。足の傷のほか、ウオ ノメやタコ、水虫など、た… 続きを読む
2021年9月号

近年、治療薬の選択肢が増えている『便秘』

「強くいきまないと便が出ない」「残便感が あってすっきりしない」……。子どもから高 齢者まで多くの人が悩んでい… 続きを読む
2021年9月号

時間栄養学を考えた食事のリズム

食事について考えるとき、「体によい栄養素は?」など、 その内容ばかりに目を向けてしまいます。
しかし、… 続きを読む
2021年6月号

特徴を知って 上手に取り入れよう『オンライン診療』

新型コロナウイルスの収束が見えないなか、 感染を恐れての受診控えや、それによる重症化 が懸念されています。特に… 続きを読む
2021年6月号

オンとオフを切り替えて生活リズムを『コロナうつ』

新型コロナウイルス感染症が猛威を振るい、 働き方の変化やさまざまな自粛が求められる ようになりました。多くの人… 続きを読む
2021年6月号

症状が出やすい夏こそ放置は禁物『爪水虫』

夏は、水虫の原因である白癬菌が最も活動的 になり、感染が広がりやすい季節です。日本に おける大規模疫学調査によ… 続きを読む
2021年6月号

「とにかく安静」から「運動して改善」へ『慢性腎臓病』

慢性腎臓病(CKD)は、腎臓の働きが徐々 に低下するさまざまな病気の総称です。国内の 患者数は最新のデータでは… 続きを読む
2021年6月号

はじめよう! 健康習慣「ピラティス」エクササイズ

健やかな生活を送るために大切なこと、習慣にしたいことをこのコーナーで紹介します。今回は、中高年でもはじめやすい… 続きを読む
2021年3月号

若者の心身に悪影響、病気としての理解を『ゲーム障害』

「ゲーム障害」という病気をご存じでしょう か。スマートフォン(スマホ)やパソコンで 提供されるゲームに熱中して… 続きを読む
2021年3月号

手術でよくなる認知症『特発性正常圧水頭症』

歩行障害、認知障害、排尿障害……。どれも高 齢者に多い症状です。そのため、ゆっくり進行すれ ば「年のせい」と思… 続きを読む
2021年3月号

コロナ禍による屋外活動減少で増える可能性も『強度近視』

近視が進行し「強度近視」になると、失明 したり視覚障害が生じたりする緑内障や網膜 剥離などに罹るリスクが高くな… 続きを読む
2021年3月号

自分のタイプを知って早めに対処『中高年の尿トラブル』

40 歳以上の日本人の3人に1人は尿トラブル に悩んだ経験があるといわれています。頻繁に トイレに行きたくなる… 続きを読む
2021年3月号

生活改善と治療で避けられる『大動脈瘤と大動脈解離』

心臓からおなかにかけて体の中心を縦に貫い ている大動脈。ここに生じる大動脈瘤と大動脈 解離は、命を落とすリスク… 続きを読む
2020年12月号

原因に応じて適切なケアを『口臭』

口臭は人間関係に影響を及ぼすデリケート な問題ですが、自分では気づきにくいもので す。ところが、新型コロナウイ… 続きを読む
2020年12月号

気がつかないうちに呼吸機能が低下する『COPD』

COPD(慢性閉塞性肺疾患)は、知らない間に徐々に肺が障害される病気です。落語家の桂歌丸さんの闘病でこの病名を… 続きを読む
2020年12月号

痛風だけでない、全身にかかわる 『高尿酸血症』

食生活の欧米化に伴い、高尿酸血症の患者数が右肩上がりに増えています。日本人の男性の20%前後、女性の5%が、高… 続きを読む
2020年12月号

心配ないことも多いが、注意すべき症状も
『不整脈』

本来なら規則正しいはずの脈拍の速さやリズムに乱れが起きる不整脈。自覚症状の有無にかかわらず、心臓の異変は不安に… 続きを読む
2020年9月号

油断しないで! 自己流の対処は危険『便秘』

新型コロナウイルス感染症の影響で自粛生活が続き、ストレスや運動不足などにより、便秘になる人が増えています。不快… 続きを読む
2020年9月号

毎日測って数値を意識しよう『高血圧』

高血圧は自覚症状がほとんどありません。だからといって放置していると動脈硬化が進行し、脳卒中や心筋梗塞、あるいは… 続きを読む
2020年9月号

においや味がわからなくなったら『嗅覚障害・味覚障害』

新型コロナウイルス感染症との関連で、「においや味がわからない」という症状がにわかに注目されました。嗅覚と味覚は… 続きを読む
2020年9月号

感染症のリスクを招く『高齢者の低栄養』

「国民健康・栄養調査」(2018年)によると、65歳以上の女性の5人に1人、男性の10人に1人は低栄養傾向です… 続きを読む
2020年9月号

一刻も早く受診し、 後遺症を抑える治療を『脳梗塞』

昨日まで元気だったあの人が――。脳梗塞は命にかかわり、助かっても体の自由や言葉を失って、それまでの穏やかな日常… 続きを読む
2020年6月号

恥ずかしがらないで!男女とも多い『痔の3大疾患』

便に血が混じる、排便時にいぼのようなものが飛び出す、肛門の周りが腫れている――。こんな症状に心当たりがあったら… 続きを読む
2020年6月号

早期治療で重症化を防ぐ『帯状疱疹』

帯状疱疹は年間50万人を超える人が発症するといわれ、その患者数は年々増加しています。水ぼうそうにかかったことの… 続きを読む
2020年6月号

原因を知って上手につきあえばラクになる
『慢性頭痛・片頭痛』

慢性的な頭痛に悩んでいるのに、じっと我慢したり、鎮痛薬でごまかしたりしていませんか。頭痛のなかには、放置すると… 続きを読む
2020年6月号

若い女性や中高年男性も要注意『骨粗しょう症』

骨折は痛くて日常生活も不便になるが、命に悪影響を及ぼすほどのものではない――そんな思い込みはありませんか?しか… 続きを読む
2020年6月号

年のせいだと見過ごされやすい『心臓弁膜症』

心臓には血液の逆流を防ぐ4つの弁があります。心臓弁膜症になると、弁の不具合により、血液が逆流したり血流が悪くな… 続きを読む